支払い義務である法人税の支払い費用を合法的に抑える方法とは

減価償却の方法

住宅ローンの返済でお悩みの方、任意売却の相談はこちらで信頼できる業者をランキング形式でご紹介しています。

税に関する疑問に答えます。会社設立や相続を奈良で見つける時に頼りにしたい税理士はコチラ。悩み解決お手伝いします。

消費税の税込経理方式・税抜経理方式と償却資産の金額との関係

消費税の課税事業者は、法人税の所得の金額の計算にあたり、消費税等について税込経理方式または税抜経理方式のどちらを選択してもよいこととされています。 例えば、税抜き100,000円のパソコンを現金で買ったとします(税込では108,000円)。この時の仕訳は、税込経理方式の場合、 (借方)備品108,000(貸方)現金108,000となります。 一方、税抜経理方式の場合は、 (借方)備品100,000(貸方)現金108,000 (借方)仮払消費税8,000 となります。 償却資産等の金額は上記二つのいずれを選択するかによって金額が異なってきます。すなわち、上記の例によれば、税込経理方式の場合のパソコンの金額は108,000円になります。一方、税抜経理方式でのパソコンの金額は100,000円になります。

償却資産の法人税の節税を考える

法人税の節税を説明する前に、償却資産の減価償却の方法について述べます。 法人税法では、取得価額が10万円未満の減価償却資産については、購入した期に全額損金算入が認められています。また、取得価額が20万円未満の減価償却資産は3年での損金算入が認められています。さらに、一定の要件を備えた中小企業者等については、取得価額が30万円未満の減価償却資産について、購入した期の全額損金算入が認められています(事業年度の取得価額合計は300万円を限度)。これらの取得価額以上の金額は、通常の減価償却をしなければいけません。 法人税の節税を考える場合は、早い時期に多くの金額を損金に計上させることが得策です。つまり、償却期間が短い方が節税につながるわけです。ですから、なるべく償却資産の取得価額を20万円未満(中小企業者等は30万円未満)のカテゴリに入れる工夫が必要です。 そのために、消費税の会計処理を税抜経理方式にする方が節税上望ましいです。そうすれば、取得価額が税込経理方式より少なくなるので上記のカテゴリに納まる確率が高まります。

豊富な解決実績がある事務所におまかせください。過払い金を熊本で手続きするならこちらへ。お気軽にお問い合わせいただけます。

生前に行なうこと

現在、相続税を支払う基準が低くなってきています。以前は一部の人が支払う税として知られていましたが、今では多くの人に相続税が当てはまるとして税理士に相談する人が増えてきています。

税金問題

家族が亡くなってしまった際、その遺族の遺産を相続することができます。しかし、遺産を相続する際には、さまざまな「税金」が生じ、それを事前に確認しておく必要があります。

メニュー

Copyright© 2015 支払い義務である法人税の支払い費用を合法的に抑える方法とはAll Rights Reserved.